Category: トラクタトレーラ (page 1 of 2)

社長! 俺にはこいつを乗せてくれ! いまが買いどき。ボルボの520馬力がキミのハートに火をつけるっ!(中古トラック / 2デフトラクタ)


娘の基本情報

お名前 2デフトラクタ
お誕生日 平成24年
ご両親(メーカー) ボルボ
走行距離 414,500km
理想のお相手 来日して5年になっちゃった。ヨーロッパの同級生はみんなワタシの倍は走ってるからね! ガンバリマス❤

Hey! Hey! Hey! ヨシノといえばボルボ・トラック正規代理店! よって新車で販売したボルボのリースあけ車両を買い取って、中古トラックとして販売するのはご存じの通り。今回紹介するボルボの2デフもまさにそんな1台! 引き取るまでのアフターメンテナンスも、ヨシノの工場でみてきてるから安心できる。まだまだ日本の認知度で言えば外国車だし、「故障は大丈夫?」って不安を抱える中で、個体の素性を良く知ってて、なおかつしっかり整備して販売するから、ボルボの中古をヨシノで買うっていうのは「ボルボ入れてみたいなぁ」と考えている会社さんには大正解な訳ですよ。

はいよ! 前置き長くなったけど(笑)、そんな大正解のスウェーデン娘! 馬力は圧巻の520馬力! 色は深い青色の最上位グレード、グローブトロッター。ハイルーフでメッキやエアロもついてて超シブい! 5年落ちだけど内装もきれい。これ絶対買いだわ。現状、システムエラーが出てるけど(笑)、走りには関係ないし、工場ですぐ直せるやつなので機関系はバッチリ。いま新車のボルボで2デフはほとんど販売していないみたいだから、余計に貴重だよね! スウェーデン鋼で堅牢なフレームに強力な心臓をもつボルボの2デフは、「これぞ重トレ」ってオーラを放ってる!

そもそもボルボは何につけても、キャパが大きい! 国産トラックと色々乗り比べてみると気づかされるんだけど、ボルボはトラックとしての指向性が国産トラックとはまったく違っていて、タフで大陸的な器の大きさが一番の魅力なんだ。これはボルボオーナーだったら絶対同意してもらえるところだと思うんだけど、ボルボは日本の市場に収まってトラックを作っていないからデザインがヨーロッパ基準なのはもちろん、運転のしやすさだったり乗りやすさだったりが国産の数倍、距離を走ることを想定して構想されているんだ。

それが一番よく分かるのが、やっぱり世界最高の多段ATシフト、Iシフトなんだよ。標準搭載から10年、ドライバーをいち早くシフト操作から解放したパイオニアであり、ストレスなくもっとも効率的な回転で、全域でトルクを出せる仕様にしつつも、徹底して低燃費にこだわる完璧な仕様。全メーカーに先駆けてもっとも優秀なオートマチックシフトを作らざるを得ないのも、やはり広大なヨーロッパ大陸があるからなんだな。効率的により耐久性に優れる。うん。極寒のスウェーデンから灼熱のギリシャまで縦横無尽に走る訳だよ。久々にボルボのハンドル握って、つくづく思い知らされたよ(笑)。これならイケるってね! あははは。

ま、そのキャパシティの差が、ボルボと国産との差なんだと思う。だからこそ「ここまでするか」ってぐらい、安全装備や快適装備は過剰に感じるとこもあるんだけどね(笑)。そこもボルボらしさだし、この傾向は「より付加価値の高いトラックが欲しい」という昨今の運送業界事情(ドライバー不足)と相まって、確実にボルボの人気につながってるのは間違いない。

ヨシノのページなので大声では言えないけどね(笑)、UDはもちろん、いすゞも日野も新型はボルボをすごく意識しているよね。結果、良い方向に行ってるから、外から閉鎖的な市場を刺激するって大事なことだよね。メルセデスもアクトロス復活させないかな(笑)と思いつつも、いろいろ書いたけど、ボルボ2デフの個体はどんどん減少しているからね。この娘がラストチャンスぐらいの気持ちで是非!

では今週も、お気をつけていってらっしゃい!

娘の得意技

ボルボなら安心のヨシノ・クオリティ。もうすぐ稀少になる2デフ520馬力。

Iシフト、ハイルーフ、キャブサス、スウェーデン鋼、520馬力、メッキ&エアロパーツ


ご購入のお問い合わせ、より詳細をお知りになりたい方はこちらよりお問い合わせください。

形状:ボルボ 2デフトラクタ

詳細・お問い合わせ


トランプ氏もたまらず「オーマイガッ」! これが日本のほまれ、国産520馬力の2デフカスタムキャビンだ!(中古トラック / 2デフトラクター)


main

娘の基本情報

お名前 2デフトラクター+16輪トレーラー
お誕生日 トラクター(平成28年)+トレーラー(平成8年式)
ご両親(メーカー) ふそう+東急
走行距離 12,000km
理想のお相手 理想はPTOをTPOに合わせて使いこなせる方かな❤ もちろんお姉様(16輪)とセットでもいい仕事するよ! ワタシの馬力なら仕事は「何でもカモン」って感じ❤

Hey! Hey! Hey! 今週は前置きなし! 格好よさにしびれまくる高年式2デフトラクターの登場だ! 最新のスーパーグレートⅤ! なんといっても最強520馬力。走行はたったの12,000キロで、ほとんど新車だね。カスタムキャビンにハイルーフ! シートは本革でエアサスシート、ヒーター付き! 空気清浄機付きのエアコンに、黒い木目調パネルがプロの仕事空間を粋に演出!って感じかな。あがるなぁ。正直、仕事あるなら俺が欲しいぐらい(笑)。

メッキパーツも見め麗しくて、ハイルーフの上には「ふそう520馬力」を象徴する専用シュノーケル付き! これだよ、コレ! 去年スーパーグレートの2デフ紹介していたときに、「見たいよね」って言ってたやつの実物版! やっと見れたー(笑)。うははは。超格好いい。そしてサイドのステンレスバンパーとリアビューは一面、シマ板張りですよ。男らしい!

トラクター

  • mirror
  • shunockele
  • rear
  • side
  • cabin
  • door

2デフトラクターは誰が見たって「道の王者」なんだから、こういうシンプルで男らしくて、かつよく見ると手の込んだ造りが最高なんだよね。520馬力をはじき出すエンジンはもちろん13リッターの6R10型。トルクのMAX値はなんと2500ニュートン! シフトは12段のイノマットIIで2ペダルのオートマチック。シャキシャキーンとシフトチェンジするときのふそう独特の演出がまた、この娘には合ってるね!

最近、超重量物に限ってだけどトラクターの2デフで何かと話題になるのが、スカニアの16リッターV8。日本で人気なのは580馬力なんだけど、その上になんと720馬力があるらしいんだな(笑)。「そこはボルボにしようよ」と言いたいところだけど(笑)、ふそうも前はV8載せてた訳だし、国産トラクターの雄としてもう一手欲しいところだね。ま、そうなるとグループでいえば、メルセデスのアクトロスがあるんだけどね。日本じゃ買えないからなぁ(笑)。

トレーラー

  • tube
  • straight
  • tire
  • bottom
  • rearshershi
  • neck

さて! 今回はトラクターだけでは終わらないよ。この後ろのトレーラーも一緒にどうでしょうって話なんだな(笑)。東急の低床中落ち16輪で、幅は299。シンプルなんだけど「頭だけじゃ仕事にならない」って方にぜひオススメしたい。「いや、せっかくふそうの520を買うんだからトレーラーも合せてイチから作りたい!」とおっしゃるならヨシノスペシャル作っちゃいましょうか。もちろんサイドはステンレス、底板はシマ板張りで(笑)。

そうそう。トラクターはPTOポンプついてるから、ダンプトレーラーなんかにもうってつけ。単車から首ふりにしたいって自営の方にも強くおすすめしたいね!

では今週も、お気をつけていってらっしゃい!

娘の健康診断

トラクターのみ

エンジン 直列6気筒アシンメトリックターボ
エンジン状態 特A
油漏れ なし
水漏れ なし

※エンジン評価 A > E

tire_kenkou

娘の得意技

【トラクター】520馬力のハイルーフ2デフトラクター。PTO付いてて、間違いなく“買い”の1台。

ハイルーフ、カスタムキャビン、造りボディ、エアシート、PTOポンプ付

娘の得意技

【トレーラー】大人気の幅299の低床中落ち16輪トレーラー。ベテランの味わいあり。

中落ち5010、床上地上高720、床下地上高370、ABS


ご購入のお問い合わせ、より詳細をお知りになりたい方はこちらよりお問い合わせください。

main

形状:三菱ふそう 2デフトラクター

詳細・お問い合わせ

straight

形状:東急 トレーラー

詳細・お問い合わせ


君はまるで新妻のように。極上ボルボが2017年のオープニングを飾ります!(中古トラック / シングルトラクター)


main

娘の基本情報

お名前 4×2トラクター
お誕生日 平成27年3月
ご両親(メーカー) ボルボ
走行距離 198,690km
理想のお相手 貴社のエースをねらい撃ちよ❤ それもミラーだけで左バックできるテクニシャン! 出来なくても安心してね。ちゃんとモニターに映してあげるから❤

Hey! Hey! Hey! 正月明けて、さっそく出社。会社来てみると「運ぶ荷物がない…」なんてことあるよね(笑)。1月2月は物流ホント動かないんだよな。12月の忙しさは何だったのよ!と。待機も連日だと嫌気がさすけど、遊びに行くのはぐっと我慢。働いてないのに遊ぶとロクなことがないからね(笑)。ほんと。

だからこそ運気をためるつもりで、ぜひ婚活トラックのバックナンバーでも読んで明日への英気を養っていただきたいね! さて、定例の婚活トラックとしては2017年の第1弾になるね! 真打登場! ボルボのトレーラーヘッド!このボルボ。最初見て、担当者も自分も本当に新車だと思い込んでたんだ。

  • seat
  • cabin
  • light
  • rear
  • wheel
  • side2

自分なんか乗って運転してなお、新車だと思い込んでたからね。それでインパネの距離見てびっくりですよ。19万キロ超!? 「これ中古なの!?」ってね(笑)。それぐらいの程度の良さなんだ。ベッドにはまだビニールがかかってるし、何か取り付けた後や汚れもほとんどない。外装だって傷ひとつないし、ヤレやスレも見当たらない。

それも最新のFHでグレードも最高のグローブトロッターですよ。グローブトロッターといえば、ジェイムズ・ボンドも愛用する英国の旅行鞄メーカーと同じ名前ですよ。ま、それだけだけど(笑)、その気になるでしょ!? あはははは。

久々にボルボに乗るとあらためてボルボの良さが実感できるね。視座が高くて、車内を歩き回れて天井のルーフからさんさんと太陽が射しこんでくる。インテリアは質感高いし、デザインもいい。自分がヨーロッパのトラックドライバーになった気分になれるんだ。「今夜はアルプス越えてくか」みたいな(笑)。実際は箱根だけどね。

スムースな世界最高の多段オートマチック、I-シフトはどこで踏んでも高いトルクをキープするフラットトルク。キャブサスとエアサスでヘッドとは思えない乗り心地。錆びないスウェーデン鋼で剛性の高いボディと何から何まで世界基準だよね。1流ですよ。ま、この辺りの新型FHに関する記事は(良い運転手には迷わずボルボが定説です!)に詳しく書いてあるから、ぜひ読んでみて。

ちなみにこの北欧娘は嫁ぐ前に、しばらく花嫁修業をしなければいけないので(笑)、納車はちょっと待たせてしまうかも。でも「待った甲斐あった」と必ず満足してもらえるはずなので、しばしお待ちを。

では今週も、お気をつけていってらっしゃい!

娘の得意技

440馬力弩級のシングルトレーラー。ボルボ導入するなら、最初の一台に最適です!

I-シフトオートマ、ハイルーフ、キャブサス、スウェーデン鋼、リアカメラ、室内採光口あり。


ご購入のお問い合わせ、より詳細をお知りになりたい方はこちらよりお問い合わせください。

main

形状:ボルボ 4×2トラクター

詳細・お問い合わせ


Oh!! キャンディ! 真っ赤なドレスのボルボの君は、重トレ界の女王なのさ!(中古トラック / 2デフトラクター)


main_volvo_2def
Hey! Hey! Hey! 先週も半ば過ぎからめっきり秋めいてきちゃって、北海道では初冠雪だって! そんな、いよいよ季節の変わり目が感じられる今日この頃。冷え込んでくると温泉行きたいっすよね(笑)! せっかく運転手やってるなら地方の温泉めぐりをしたいところ。だけど、やっぱりトラックだから入れるところは限られてる訳で、行ける温泉っていいとこ健康ランドみたいな大きな浴場ぐらいしかない(笑)。東名下りの御殿場の湯はいつでも入れるけど、いまひとつ風情に欠けるしなぁ。ちなみに俺は2週間航海で家に帰れなくて、温泉で癒されたいがためにタクシー飛ばしたことあるよ(笑)。結論から言うとその価値は、間違いなくあったね! 最高の息抜きだったし、生涯あの感動を越える温泉には出会えないはず(笑)。あははは。さて、それはさておき今週の婚活トラックはキャンディレッドのボルボ、2デフトラクターの登場だ!

  • rview
  • 520
  • wheelhouse
  • tire
  • side
  • knob

色といいサイドのエアロといい欧州仕様で本場感、漂ってるね! 520馬力で機関系は絶好調。5年落ちで47万キロだから、普通に走ってるけど外装は傷らしい傷もないし、キャンディレッドがとっても綺麗。内装もシートなんかに多少ヤレはあるけど、経年劣化の範疇だし、立てるルーフの高さに、歩けるウォークスルーのキャビンは快適性抜群だね。ミッションはもちろんオートマのiシフト。これまでもiシフトのすごさは繰り返し書いてきたんだけど、言い足りない(笑)。まず通常走行のオートマチックの変速タイミングがカクつきなしで最高だし、トルクが欲しいときはボタンひとつで変速のアップダウンが可能。さらに得意のターボでボルボの特性であるフラットトルクを実現、低回転からもりもりトルクがくるので常にグリーンゾーンをキープ。結果、確実に低燃費なんだな。新車時でボルボと国産では価格差が結構あるんだけど、5年すれば燃費で元がとれるって言われるぐらいなんだ。

それでいて5年落ちると、国産よりボルボが安くなってくる(ここ大事)!これはなぜかというと、故障リスクが価格に反映されているからなんだな。もちろん5年だから故障しないって話はないけど、それを言ったら国産も同じぐらい故障する(笑)。これはヨシノで中古トラック販売して20年の森川氏の実感に基づいた見解だからね(笑)。間違いない! 同じリスクだったら快適性、安全性、経済性で国産を凌駕するボルボを選んだ方がいいし、万が一の故障はもちろん予防のためのメンテナンスだって、ボルボ正規代理店であり認定整備工場のヨシノに任せてもらえればいい。こういうこと言えるのもヨシノだからこそのポジショントークと言えば、ま、そうなんだけど(笑)、今は「故障が多いボルボ」というイメージが、不当に実勢価格を下げてる状態と思ってもらっていい。実際はここ10年でボルボは故障がものすごく少なくなってきていて、国産並みになってる。だからボルボの中古はお買い時なんですよ! 皆さん!

では今週も、お気をつけていってらっしゃい!

hino_volvo


ご購入のお問い合わせ、より詳細をお知りになりたい方はこちらよりお問い合わせください。

main

形状:ボルボ 大型トレーラヘッド 2デフ

詳細・お問い合わせ


ギンギラギンでさりげなく!? そいつはヨシノのやり方さ! いっそ買うなら、ふそうの未使用車で“ご安全に”!(新古車/ ヘッド)


main_fuso_head
Hey! Hey! Hey! 台風はひっきりなしに来るし、10月だというのに爽快な青空が恋しい今日この頃。そうは言っても10月ももうすぐ半ば。紅葉の季節も近いし、色づく街並み眺めながらドライバーがドライバーである喜びにふと気づく(笑)、そんな季節でもあるよね! 紅葉と言えば、名阪国道の紅葉が一番好きだったんだけど皆さんはどうですか? この季節、関西がつくと嬉しかったなぁ。わざわざ昼間走るために月着便もらって観光気分で関西行ってたからね(笑)。さて! 今週の婚活はそんな紅葉も映えるギンギラギンのふそうのヘッド、それも新古車、未使用車だ! もう一見して「やってるなぁ!」とグッジョブサイン出したくなるメッキパーツの数々。特にサイドから下半分はフルメッキだし、ホイールも総輪アルミですよ。WAO! ギンギラギン!

  • cabin
  • metal
  • wheel
  • rear
  • mater
  • deck

乗りこむと、どんと気分の良い“抜け感”あるハイルーフ。それと7段3ペダルMT! 渋い! というのも現在、ふそうで新車を買うと標準はオートマの12段イノマットIIってことになるのよ。だから3ペダルMTは“あえて”の選択と言える訳だな。うん。それでリアのエアサスは標準装備ですよ。エンジンは12リッターの420馬力。いまどきのスーパーグレートは安全装備もすごくて、まずはミリ波レーダーによる衝突被害軽減ブレーキでしょ。ふそう独自の車線モニタリングシステム、エムダスIIIは注意力喚起モニターで、眠たさで車線逸脱してるドライバーに警告するシステム(ちょっとうざい(笑))よね。これは慣れってないのかな?って思うんだけど、実際、深夜の東名とか東北道を走ってると一番左の車線でふらついてる大型とかいるじゃない? あれは「大きなお世話」と思うかも知れないけど勇気を出して(笑)、右についてクラクション盛大に鳴らしてあげたいところ。実は俺も寝かかってふらついてて盛大に他のトラックに鳴らされて、すごい感謝したときがあったのよ。それから見かけたらやるようにしてるんだけど、ま、安全装置で車線逸脱するトラックがいなくなればその必要もない訳で、早くそういう業界になるといいんだけどね(笑)。

そして一番大事なのが挙動安定装置ESPだね。主にトレーラーの横転やスピンを防ぐってことになってて、日野みたいにジャックナイフとまでは明記されていないんだけど、これ大事だよなぁ。新車のヘッドを買う意味って、おそらく「安全性を買う」って意味あいも大きいと言えるんじゃないかな。年1回ぐらいのペースで起きてる、首都高でのトレーラー横転事故なんて最たるものだよね。正直なところ、横転もジャックナイフも一度起こした運転手じゃないと、起きるタイミングって分からない。だから起こした運転手は一様に「まさか」って言葉を口にするよね。こんな低速なのに、とかさ。ああいう事故にならないように、運転手だけじゃなくて、他律的に横転やジャックナイフを警戒しておく機能って絶対必要だと思っていて、中古トラックじゃなくて最新のトラックを買う意味ってそういうところも大きいと思う。トラッカーはまずは「ご安全に」が一番だからね!

では今週も、お気をつけていってらっしゃい!

kenkou_fuso

hino_fuso


ご購入のお問い合わせ、より詳細をお知りになりたい方はこちらよりお問い合わせください。

fuso_seiyaku_stamp

450馬力で11.5トン牽ける!? いま一番、求められてるヘッドはこの日野だ! 一括緩和でカンファタブルな君に恋しちゃう!


main_42_hino
Hey! Hey! Hey! 先週は連続台風で本当に大変だったね。被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。運送業界にとっても台風は強敵だからね。今週は止まっていたヤードが再開して、ぎっちり配車組まれてて大忙しって方も多いはず。支援物資を運ぶのだって、土砂崩れの通行止めの道を復旧させるのだってトラック業界の力なくしては成立しえないのだから、すべては明日につながると信じてやるしかない! ヨシノも「オールトラックス」の精神で全力投球していきます。共に頑張りましょう!

さて今週はひさびさに、シングルのトレーラーヘッドを紹介するよ。5年落ちのプロフィアでプロシフト! ハイルーフで距離は35万だから、主に地場の海コンで使われてたのかな。エアサスついてるし、機関系は絶好調! オートマなんだけど3ペダルでクラッチもついてるから、シビアなホーム着けもバッチリだね。というのも、最近トラックのオートマも2ペダルばかりだからアクセルワークだけでホーム着けするのが、当たり前になってるじゃない!? ないでいいって人はいいとして、クラッチの入り切りで惰性をつくってこぶし一個分の白線の内側に、タイヤをしっかりつけたいタイプの昔気質の運転手には(笑)、微速度調整クラッチはほしいところ。

  • sky
  • handle
  • panel
  • side
  • back
  • seat

そういえばホーム着けの白線の目印って、あれはタイヤで踏むのか、その内側にぴったり沿わせるのかって議論になったんだけど実際どうなんだろうね(笑)。俺は白線の内側にタイヤをつける派だったんだけど、白線はしっかり踏んで隠さなきゃいけないっていう運転手もいて結構議論したんだ(くだらないなぁ)。あはははは。見た目は絶対内側にきっちりつけるのが美しいでしょ!? 結構他の運転手はそこ見てるし、俺も見てたからなぁ(笑)。切り返しなしの一発でつけても白線を雑に踏んでると「ふーん」みたいな感じでね。あははは。ま、それはそれとしてこの娘は(憧れの)450馬力あってパワーは十二分だね! いちおうベッドは蓄冷式だから、昼寝や住宅街でもエンジン切って休憩できるね。あと一括緩和で軸重が11.5トンとれてるのも素晴らしい! もともとは海コンだけだったんだけど、去年からバン型やローリー含めて、ほとんどのトレーラーが緩和対象になったんだ。面倒な軸重戻しもなし! 使える! でしょ!? それで 来年3月まで車検もある!

ただ! やらなきゃいけないこともいくつかあって、まず前の会社のカラーリング消さなきゃならんでしょう。あと出来ることなら、下回りの錆浮きを処理しておきたいね。まだ軽傷で鋼材食われるところまでいってないから、先でもいいんだけど、長く乗るならやっときたいかな。カラーリングも気にしなければ別にいいし(笑)、下回りも錆止め塗っちゃえば問題ないけど、現状ついてる錆は落としてあげたいところ。ま、化粧直しだよね(笑)。せっかくの新婚生活。過去は忘れてもらって、気分よく嫁いでもらいたいじゃんね。あはははは。

では今週も、お気をつけていってらっしゃい!

kenkou_42hino

hino_24_tokui


ご購入のお問い合わせ、より詳細をお知りになりたい方はこちらよりお問い合わせください。

main

形状:日野 10トン ウィング

詳細・お問い合わせ


いっそ最後のサマーラブ? これぞ、日本一の重トレ運転手めざす登竜門! いすゞの16段、2デフヘッドで“男の花道”行きませんか?


image
Hey! Hey! Hey! 8月もいよいよ最終週! ってことで、FMから流れてくる森山直太朗の歌(「夏の終わり」)が心に沁みる季節になってきちゃったね! あはははは。ま、運転手にとっては秋風が感じられると、暑かった夏から解放される安心感の方が先に立つってもの。走るにはいい季節だから、その点とてもありがたいし、誰より季節を先に感じられるのも運転手ならではの歓びに違いないね。さて! 今週の特選娘はいすゞの2デフトラクターだ! ハイルーフのカスタム仕様! メッキパーツも、ミラーステーにドアノブにがつんと入ってて、ボディの白に映えてるねー。先代ギガはやっぱりメッキが入ってないとね。6年落ちの40万キロ弱だから、そんなに走ってない上物トラクター。どうです!? これぞ「婚活トラック」って感じでしょう?

さっそく試乗してみると、ミッションをオーバーホール済みとのことで、機関系は絶好調。ローハイ切り替え式の16段で520馬力! いいねぇ。実際、俺は陸送で2デフのヘッドは乗ったことあるんだけど、後を牽いて走ったことはないのよ。憧れるねぇ。男ならこれで超のつく重量重機、牽いてみたくなるよね! むかし見た、早朝に建設現場に重量重機を搬入しようとしてる幅広トレーラーのバックがすごかったのよ。重機が重すぎてちょっとやそっとじゃ現場に入らないから、首を右に振り左に振り、タイヤから煙は出るわ、カプラーを弓なりにせんばかりに大音声あげて押し込んでたんだ。ミッションいかれちゃうんじゃないかってぐらいでね(笑)。もう見ててね。……惚れた❤ あはははは。それはさておき、そんな“日本一の重量物”運ぶ男のキャビンに、ふさわしいハイルーフのカスタムですよ。

  • bootie
  • cabin
  • shift
  • seat
  • mirror
  • back

ま、内装に多少ヤれもあるけど経年劣化だし、ベッドクーラーもついてて環境は最高だね。御覧の通り、主要パーツはメッキになっていてこのまま白で乗るのも悪くないよね。あと下回りもいたって綺麗なのでこのまま全然使えるんだけど、より長く使いたいなら一回防錆剤塗っておくと、あと10年は楽勝じゃないかな。新車って訳でもないから、DIYで自分で塗っちゃうってのも全然アリだと思うね(笑)。第5輪は18トンで、タンクも大きめなので長距離にもバッチリ。あと個別緩和もとれてるみたいだけど、60キロの速度制限装置はつけてないみたい。だから36トンの緩和トレーラーが牽けるのかな。

ま、何にせよヘッドの背後にばっちり大箱積んでるからね。肩の出るトレーラーは牽けないけど、これは仕様がない(笑)。結局、超重量物って重くなればなるほど形状も運び方も重さもいろいろだから、必然的にトラクターの形状も、それぞれ特殊になってくるんだよ。一長一短あるし、特殊性という名の個性が強くなってきちゃうんだな(笑)。さしずめ、この娘も背負うもの背負ってるって感じ!? あはははは。ま、「俺が一緒に背負っちゃる」って貴方を、厚木でお待ちしていますよ! ほんといい娘なんでね。

では今週も、お気をつけていってらっしゃい!

kenkou_2def

tokui_2def


ご購入のお問い合わせ、より詳細をお知りになりたい方はこちらよりお問い合わせください。

main

形状:いすゞ 2デフ トラクター

詳細・お問い合わせ


貴方の手を牽いて!今すぐ飛躍の風になりたい! グッドコンディションな20トン、ウイングトレーラーシャーシが登場


main_chassis
Hey! Hey! Hey! 7月も始まったばかりだというのに、暑いっすね! 皆さん急激な気温の変化で体調壊したりしてませんか? 空調って暑すぎても寒すぎても良くなくて、この時期多いのが意外にも冷えすぎによる風邪なんだな。汗かいてキャビンに戻ってきて、運転してる内に「ゾクッ」と寒気がくるパターンなんだよね。暑さに慣れてないからついつい冷房MAXにしがちなところを、ぐっとガマン。本番まで、まだ先があるからね(笑)。くれぐれも体調管理にはお気をつけて!

さて単車だとどうにも「仕事するぞ」感が出ないのがトレーラーヘッド。スーツ着てない政治家(三原じゅん子)か、着物着てない料亭の女将(高島礼子)みたいでね(笑)。やっぱり後ろのトレーラーシャーシと一体になってないと“トレーラー”って感じは出ないよね。そこで今週は満を持して(笑)、初見参のトレーラーウイングを紹介しよう! そもそも「ウイングに限らずトレーラーシャーシって売ってるものなんだ」って、びっくりしちゃうよね(笑)。みなさん御存じのようにトレーラーシャーシも車両だから、車検も受けるし、一台一台ナンバーも交付される。売り物にならないはずがないんだけど、実際はトレーラーシャーシって最初に作った会社でとことん使われるし、会社間で取引されてるケースがほとんどなんだよね。

  • switch
  • rear
  • innner
  • side
  • lamp
  • marker

割と看板消したトレーラーウイングを大量に引き取って、塗装してる暇がないからそのまま使ってるケースってあるし、傭車仕事でそのまま親元のシャーシを長らく使いまわしてるなんてケースも多いからね。そんなシャーシ事情だからこそ、単体で増車したい!となるとなかなかないでしょ!? そんな「あるといいな」があるのがヨシノ!なんだな(笑)。海コンで使うホネもあるし、もちろん誰よりも積みたい運送王のウイングもある。低床のスカート型シャーシだってあるときはある(笑)。このトレーラーウイングは車歴13年のベテランだけど、外装は目立った傷もないし一見すると新車かと思うグッドコンディション。実際、トレーラーウイングって運転手が気になるのって、ブレーキとウイング用のバッテリーとランプ類ぐらいだからね。中だってこのままでも全然問題ないけど、やろうと思えばリフォーム感覚で床板変えて、横のベニヤを張り変えれば新品同様ですよ。

もちろんトレーラー持ってる運送会社さんの増車対応に最適なんだけど、例えば大型中心の運送会社さんで定期便の増車を考えているところに、いっそトレーラーを新規増車しちゃう。その初めの一手をこのトレーラーウイングにしちゃうってどう!? ヨシノのトラクターも可愛い子ちゃん揃いだから、ペアで導入っていいんじゃないかな(笑)!? 下手すると新車のトラクター1台分でこのトレーラーウイングとヘッドの両方が導入できるかも。ぶつけてさえなければ、多少の経年劣化は気にならないし、どうにでもなるのがトレーラーウイング。大型メインの運送屋さんなんかはトレーラーが導入されるだけで士気が上がるものだし、良いことずくめだよ! もっと言うと俺の経験上、四軸で入れる積み場はだいたいトレーラー入れるからね。営業さんの攻めの一手にもなるのは間違いない!

では今週も、お気をつけていってらっしゃい!

tokui_chassis-02


ご購入のお問い合わせ、より詳細をお知りになりたい方はこちらよりお問い合わせください。

main

形状:日本フルハーフ ウイング・トレーラーシャーシ


これぞ世界標準のトラクター!? トラッカーなら一度は乗りたい、2デフボルボが降臨!


main_v_2def

Hey! Hey! Hey! ヨシノのフェイスブックを観てると、納車で出てくる新車のボルボ。 みんなカラーリングにこだわってたり、純正のカスタムパーツつけたりしてて格好いいよね。俺なんか、もう見るたびに確実に「いいね」してるんだけど、本国のボルボトラックのフェイスブック(@VolvoTrucks)も面白いんだ。ほとんどショーカー・レベルのこだわりで度肝抜かれるよ! 色んなボルボがいて、世界はつくづく広いのを実感する(笑)。登場するのはだいたい2デフのトラクターなんだけど、これがイイね。2デフボルボの本場感は、やっぱり国産とは一味違うもん。トラックの王様シックスティーン・ウィーラー(16輪)ならではの貫録があって、重トレならではの“やったる感”もあるもんね (笑)。

今週はそんなパワフル系北欧娘、2デフボルボが登場ですよ。型式は一個前だけど全然旧さは感じない! ヨシノはボルボの新車を販売してるからか、中古もよく入ってくるみたい。新車みたいにブループログラムのような保証がつかない分、故障が怖いってイメージもあると思うんだけど、割合でいうと同年型の国産と変わらないらしい。ヨシノはボルボ扱える修理工場ももってるし、パーツの取り寄せも早いからその点も安心だよね。で、乗ってみると「2デフこそボルボ」って言いたいメリットが沢山あるんだな! 一番はボルボの自動トランスミッションI-シフト。

  • front
  • back
  • 520
  • cabin
  • cabin2
  • shift

その良さはシングルの新車を紹介したときにも書いたんだけど、とにかく格段に運転の質を高めてくれるんだ。トレーラー20トン牽くぐらいならオートマチックにおまかせで問題なしなんだけど、ワイドの低床で30トン超えの重機を牽くときなんかは重量がある分、思い通りのシフト操作してくれないとストレスたまるんだよね。そこでI-シフトなんだよ。これをオートに入れて、ある程度任せておきつつ、「もうひとつ力が足りないな」とか「もっと伸ばせるぞ」っていう感覚的なシフトチェンジをシフトレバーについたボタンひとつで行える。一気に3段まで上げ下げ出来て、シフトチェンジはレスポンス速い上に極めてスムーズ。これが絶対病みつきになるから(笑)。

「2デフボルボの何を買う」って、間違いなくこのI-シフトだと思ったね! 30分も乗ってればAIがドライバーの癖を自動学習するから、その操作もオートマチックのシフトチェンジに反映されていく。どこからでもターボでトルクを効かせるフラットトルクだから、レッドゾーンにいれないで最適な回転数を示すグリーンゾーンで運転は一貫している。結果、低燃費ですよ! これ重量物を牽く重トレなら、すごく重要な点だよね。箱根新道あたりの昇りでレッドゾーンに入れっぱなしの絶叫しっぱなしこそ重トレって気もするけど(笑)、それももはや昔の話かも知れない。

そうそう! 実際に見て、さすがスウェーデン鋼って点にも感心したね。5年落ちだけど下回りはいっさい錆なしだったね。この先も錆なしでスウェーデン鋼なら、安全堅牢この上なし(笑)。2デフはベッドのところに窓もあって、左バックも怖くないしね。興味があったらシングルの新車やったときの記事もぜひ読んで( これぞ運転手のネクスト・ステージ!? 良い運転手には迷わずボルボが定説です! )!
ホント言うと、このボルボを新車買うつもりで買って、差額で「これぞ日本のトラッカー」っていうカスタム施して(笑)、本国のフェイスブックに紹介してもらったら最高! って提案をしたかったんだけど、2デフで白ナンバーって実際あんまり見ないもんね。だから会社でボルボの2デフを入れるにあたって、まず中古で入れてみる。様子見て良かったら、新車で入れるとかね。その布石の一台にいいんじゃないかな。ボルボの中古はすぐ売れちゃうらしいから、こまめにチェックしてみてね!

では今週も、お気をつけていってらっしゃい!

tokui_V2def


ご購入のお問い合わせ、より詳細をお知りになりたい方はこちらよりお問い合わせください。

seiyaku_stamp_2def

東名・牧之原に480馬力の“黄色い彗星”が登場! 彼女の登場でヤードの噂はもちきりさ!


main_160503_custom

Hey! Hey! Hey! 今年は長いとこだと、10連休なんてところもあったらしいゴールデンウィーク。皆さんいかがお過ごしでした? 休みは早々に切り上げて、休み明け降ろしの荷物積んで走ってたら渋滞に巻き込まれて大変だった、なんてドライバーの方も多いはず。俺なんかは連休明け降ろしの長距離ついちゃうと、渋滞イヤだからさ。積んだらそのまま走って連休中はずっと降ろし先方面の運転手たちと遊んでたね。結果、アゴ足マクラがタダ(笑)! もちろん逆に向こうの運転手が来た時は歓待するんだけど、運転手同士いいもんですよ。ドライバーならではの連休の過ごし方でね。

さて、この連休に合わせてヨシノのHPがリニューアルしたんだけど、その目玉がこの企業PV( https://youtu.be/kF925G8USPw )。このPVにも出演している黄色いヘッドが今週の特選さん! なんだな。PVの監督さんがひとめ見て「この娘さん、ご出演お願いします!」って言ったぐらい(笑)、インパクトは大。ま、それもそのはず、なかなか個性的なカスタムしてて「おお、これは!」と唸らされるね。基本スペックはハイルーフのプロフィアで、車齢で言うと11年落ちの50万キロ超。全然走ってないね。クラッチ付きセミオートマのプロシフト(12段)も快調。馬力はナント、重トレスペックの480馬力! 下回りやシャーシは車齢ならではの経年劣化はあるけどね。

  • side
  • mirror
  • pedal
  • step
  • aero
  • banper

さてさっそくカスタムに目を移してくと、まずボディーの黄色がいいね! HOT RODイエローでアメリカン。これにハイルーフのエアロ付きボディ。これに可動式バンパーがシブいね。あとフロントフェンダーからサイドバンパーへのメッキ&ステンレスも決まってる。メッキパーツの入れ方も、やたらめったら入れたっていうんじゃなくて、こだわりを感じるな。外観はそんなところで中へ行くと、まずペダルがDIYのスチールペダル。それでもって何故か発進用の隠しスイッチが仕込まれてるんだな(どこかは内緒、(笑))。なんだろう、これ。盗難が多い地域だったのかね。逆に並々ならぬ愛情を感じてしまうよね。インパネもカスタムキャビン風にペイントしてあったり、なかなか個性が強い(笑)。

ホント個人的な話で申し訳ないんだけど、こういう前に乗ってたドライバーの愛情の跡とか見るとキュンとしちゃうのよ(笑)。さぞかし離れがたかっただろうとか思うとね、「分かった分かった。俺が乗っちゃる」って気分になるのよ。これぞ婚活トラックじゃない!? だって別れた相手の倍かけて愛してあげればいい訳じゃない(笑)!? このヘッド。俺ならそうさなぁ、テールランプをLEDの3連に変えて、予算が許せばアルミをはかせたいかな。リアタイアは扁平に変えてね。そうそう、あと軸重が9.9トンで規制緩和前のままだから、カプラーの位置を変えて11.5トンとれるようにしたいね。もちろん架装はヨシノにお任せ! せっかくの480馬力だからね。どんどん重いの牽いちゃおう!

では今週も、お気をつけていってらっしゃい!

kenkou_hiradai_160503

tokui_160503_custom


ご購入のお問い合わせ、より詳細をお知りになりたい方はこちらよりお問い合わせください。

main

形状:日野 4×2 トラクター

詳細・お問い合わせ


Older posts

© 2017 YOSHINO MOTORES all right reserved.